アナルオナニーとは

アナルオナニー(アナニー)とは

 

アナルオナニー(略してアナニー)とは、一人で肛門を刺激して快感を得る行為の事を言います。

 

オナニーのアナル版がアナニーです。

 

もちろんアナルですので女性でも男性でも可能ですが、やり方によっては男性のほうが強い快感を得る事ができます。

 

なぜ男性の方が強い快感を得られるかというと、男性は膀胱の下のほうに前立腺という器官があり、それが薄い壁で直腸と接する形になっています。

 

その前立腺の部分をアナルから刺激してあげる事で強い快感を得る事ができるのです。

 

ちなみに女性には前立腺はありません。

 

どれくらいの快感が得られるの?

 

快感の度合いについてですが、SEXの時、女性は男性よりも何倍も感じると言われていますよね。

 

オーガズム(絶頂)に達する場合、体を痙攣してイク女性がいますが、わかりやすく説明すると男性でもあの感覚を味わう事ができるのです。

 

 

快感の種類について

 

主にアナルオナニーで得られる快感は二つに分けられます。

 

ドライトコロテンです。

 

 ドライとは前立腺を刺激し射精をしないでオーガズムに達する状態を言います。

 

 トコロテンとは、ペニスに刺激を与えずにお尻の快感だけで射精する事を言います。

 

 

トコロテンについて

 

トコロテンは言葉からイメージできる通り、アナルから精子を押し出して射精するところから取っています。

 

前立腺の近くに精嚢という精子を作る器官があり、そこを圧迫する事で精子が押し出されて射精に至ります。

 

精嚢部分を直接刺激しなくても、精嚢が前立腺のすぐ側にある為、前立腺を刺激する事でもトコロテン状態になる事ができます。

 

 

ドライについて

 

ドライは射精せずに絶頂に達し、そのオーガズムが長く続く状態の事です。

 

絶頂に達した時の男性と女性のオーガズムのグラフでは、男性は射精した後急激にオーガズムが引いていきますが、女性はなだらかに引いていきオーガズムの状態が長く続きます。

 

女性のように強く、長くオーガズムを感じられるのがドライです。

 

ドライに達してくると体中の体温が上がり、汗が噴出し、あまりの快感に涙が出て、体が痙攣してペニスから潮を噴いたり、思わず「あぁぁぁー」と声が出てしまったりと、今までに味わった事のない強い快感を得る事ができます。

 

もちろん個人差もあります。ドライになりやすい体質だったり、ドライになりにくい体質だったりと人によって違ってきます。

 

一般的には、初めにトコロテンから始めてそれに慣れてしまうとドライしにくいようです。

 

ですので初めてアナニーにチャレンジするという方は、まずはドライを目指すと良いですよ。